stelife

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避妊・去勢のこと

2012-03-27-Tue-22:22
夕方頃、動物病院から電話があり、
ステラの手術が無事終わったと連絡がありました。

短時間の手術とはいえよく頑張りましたステラちゃん。

120327-2.jpg


早く迎えにいきたくてしょうがないですが、
今日は入院なので明日お迎えに行ってきます。


明日はいっぱい甘やかしてあげようww
でももしかしたら疲れて元気ないかも?(´・ω・`)


さて。

ひとつ前の記事で「複雑な気持ちが~」と書いてましたが、
ちょっと今回はこのことに触れていこうかと思います。

皆さんも一緒に考えて頂けると幸いです。

---------------------------



ステラの去勢手術を受けさせるにあたって、
私には複雑な気持ちがありました。

簡単に述べると

「去勢という形で無理矢理人の手を加えなくちゃいけないなんて可哀想」

という事でした。
きっと同じようなことを思う方も多いのではないでしょうか。


それでもやらなくてはいけなくて、
自分なりに色々と調べ、そして考えたりしました。



調べてみると、去勢・避妊はどこでも推奨されていて、
猫にとってもそのほうが良いと書かれていたりします。


なので私もこうするのが一番なんだと自分を無理矢理納得させていましたが、

やっぱりなんというか、ありのままで居させてあげられないことや、
疑問などからくるもやもやした気持ちはどうしても拭いきれませんでした。

人の勝手で生まれて、人に管理される中じゃないと生きれないなんて。



Twitterでコチラの記事が回ってきて、更に胸が痛くなりました。

3月28日殺処分予定(新しい飼い主さん・保護主さん緊急募集)

ココにいる犬や猫達は、人間の勝手で生まれただけじゃなくて、
人の勝手で捨てられて、人に殺されようとしてるわけです。

本当に犬や猫達はこの世界で人に命を握られてるんだなぁと。



でも私はそれを見て「去勢はするべきだ」という考えに変わりました。


--------------------------


ステラも捨て猫でした。

誰かが飼ってた猫に子供ができたんだと思います。
(人慣れしてたり、トイレの躾などもされていたそうなので)

だけどプラス3匹も飼えないと思ったのか、
3兄弟で捨てられていました。


ステラと出会えたこと自体はとても嬉しいです。

ですがもしかしたら、知らないところで消えてた命だったかもしれません。

今もどこかで消えようとしている命、消えていく命があるのでしょう。



とても胸が痛くなるものの、
↑の記事に載っている猫ちゃん達を私は引き取ることができません。
これ以上命を引き受けることができないのです。

それはつまり、新しい命が生まれたとしても同じなのです。



なのでこれ以上無責任に、ステラ達のように捨てられたり、
どうなるかもわからないような命が生まれないように。

自分が愛情を注いであげられる分だけ、
今いるこの子を精一杯愛して守ること。

120327-03.jpg


それが自分のできることであり、
命に対する責任なのだと思います。



矛盾を感じていても、どうしようもできません。
私一人で世間のルールを変えることもできません。
人も動物も、世間の決められた枠の中で生きなくちゃいけません。


その世間のルールの中の選択肢の中で
去勢・避妊というのがやはり最善の選択肢なのだということ。

私はそういう結論に辿り着きました。



他の飼い主の皆さんはどんなことを思いながら
避妊・去勢手術をされてるんでしょう・・・。


予防接種と同じ感覚で特に何も考えてなかったりするのでしょうか。

一応猫にとってもメリットがあるといっても、
それは人間が考えただけですし、
猫の本当の気持ちは私達にはわからないわけですし・・・。


------------------------


調べてると去勢する際のメリットとして
「去勢すると穏やかで甘えん坊な性格になる」
と書いてるところもいくつか見かけました。

「飼い主にとって嬉しい面」とありますが、
でもそのメリットのために去勢をするというのは何か違うような。

それこそ人間の勝手で、自己満足で飼ってるんじゃないかと・・・。



確かに避妊・去勢をせずに不幸な命を増やしてしまうのは無責任ですが、
ただ避妊や去勢をすればいいというのも何か違いませんか?

避妊や去勢をしない人もまだまだ多く、
少しでもしてくれる人を増やす手段として
飼い主のメリットも挙げるのは良いのかもしれません。


でもそれは次の問題として、
自分(飼い主)のメリットしか目に入らない人が
自分の手に負えなくなったり、思うようにいかなくなった場合の
無責任な飼育放棄などに繋がるのではないかと・・・そんな気がするのです。

だから病気や怪我をしたり、
年老いた犬や猫が捨てられているのではないかと。



上にも書いたとおり、実際のところ
他の飼い主さんがどのように考えているのかはわかりません。

ただ私が今回色々調べて感じたのは、
避妊・去勢の飼い主さんにとってのメリットを前面に出すのではなく、
もう少し「あくまで追加としてそういった部分がある」という程度に
抑えるべきではないのかな思いました。


メリット云々や、飼い主の義務としてただやる前に、
何故避妊や去勢が必要なのかということ

そして避妊や去勢がもう少し人にとって、
命と向き合い考える機会であってほしいなと思います。



★ランキング参加しております★
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
宜しければクリックお願いしますヾ(。・ω・。)ノ゙
スポンサーサイト

COMMENT



2012-03-28-Wed-00:09
獣医系学生にとって身近ながら、感覚がマヒしがちな分野で、あらためて考えさせられました。
動物看護師は、動物が肉体的にも社会(あくまで人間の)的にも健康な状態を維持するために、
避妊去勢手術を勧めねばならない立場にあるため、
学生は講義で「こんなにいいことがあると飼い主さんに伝えて納得してもらいなさい」と教わります。

獣医保健看護学科の学生は避妊・去勢手術が及ぼす行動面についての変化について
主にトレーニング理論の講義で習うのですが、
そこでトレーニングの先生が犬についてですが言っていたのは、
「ペットは、自由恋愛できないんですよ」ということ。
猫についてそのまま当てはまることではないのですが、
昔先生が飼っていた未去勢の雄の犬が、発情したお隣の雌の犬に気付き、
もうハァハァしてしまって食欲もなくなり、それでも会えないのでとうとうやつれてしまったそうです。
それを見て、もとよりそういうことを知らないこどもの心のままでいさせてあげたほうが、
伴侶動物として一生を過ごさなければならない子にはいいのかもしれないと思ったそうです。
人間に当てはめるととそれでも知ったほうがいいこともある!と思いますし、
結局受け取り方の難しい例なのですが、私はこの話で納得しようと思っています。(´Д`;)

多くの飼い主さんがちゃんと向き合って、
わんちゃんねこちゃんを一生幸せにしてやるぞ!という心をもって考えてほしいですね^^
長文失礼いたしました!!;

管理人のみ閲覧できます

2012-03-28-Wed-02:56
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-03-28-Wed-16:48
あまみさん>
コメント、そして真剣に考えて下さってありがとうございます。

獣医さん達にも立場がある(避妊去勢を勧めなければいけない)のだろうな
というのは、私自身が動物病院に行って説明を聞きながら感じたことでした。
一応こちらとしては手術はほぼすることは決まってましたが、
それでもとにかく去勢のメリットを強く押されましたので。

私は逆にその姿勢にに違和感を覚えたのかもしれません。
専門家が言うのだから正しいのだと無理矢理納得させて。

そういうことを知らない子供の心のままで、というのもわかります。
というか、繁殖コントロールよりもそちらのほうが
手術を受けさせた理由としては大きいです。

たとえステラに春がきたとしても、私や私の家族は
その欲求を満たして、望みをかなえてあげることはできません。
ステラはきっと苦しむだろうし、私もそれを見て辛くなると思います。

なので「私ができる中では」これが一番の選択なのだと思っています。
反論が出たり、納得ができないというのは、
本当の正しい答えなんて無いし、誰もわからないからでしょう。


だからこそ、自分のその選択に責任を持って
その分いっぱい愛情を注ぎたいなって思っています。

コメントの投稿

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。